サイドメニュー

◆2011年2月22日(火曜日)

本校の教育方針

  特色ある教育を展開する中で、生きる力(確かな学力、豊かな人間性、たくましく生きるための健康や体力)を育むことをねらいとした学習指導要領の趣旨をふまえ、長野県における教育課程・学習指導改善の三つの柱(分かる授業、特色ある教育課程、楽しい学校)が示されている。これを受けて学校においても、全教育活動の中でその具現を図り、心身ともに調和のとれた望ましい人間の育成に努めたい。

 

      

   学校教育目標→花と笑顔とたくましさ
(1)明るく元気な子ども・・・・・・・・・・・花
子どもは本来明るく快活であり、行動的である。一人ひとりが、その子らしさを大事に育てられる中で、心身共に健康に育つものである。遊びや運動、花作り、清掃などの活動の中で、本校の子どもたちが持つ快活さを一層進展させ、気力に満ちた元気な子どもに育てたい。
(2)人を大切にし、人と協力し合う子ども・・・笑顔
学校は、人格と人格がふれ合い磨き合って、互いに伸びていく場である。お互いを認め合い支合う場作りを通して、挨拶や言葉づかい、思いやりの心を学び、友だちと協力し合い願いを実現していく心豊かな子どもに育てたい。
(3)自ら考え、力いっぱい活動する子ども・・・たくましさ
これからの社会では創造的な思考力と、それを十分に活かして正しく判断し表現できる能力が極めて大切になる。学校教育の諸活動の中で、自分の思いや見方考え方を大切にすると共に、体の増進に努め、粘り強く自己の課題に向かって意欲的に追究する実践力のある子どもに育てたい。